Join Fortune Wings Club
香港航空カスタマーサービスホットライン
香港,中国  +852-3916-3666
中国 (中国からご利用の場合)  950715
お荷物問合せ (手荷物紛失 / 遅延 / 損失)
+852-3713-1300 月~日, 午前9時から午後11時  
ホーム>  香港航空について> メディアセンター

 

丑年を迎えるのに香港航空の新しいLai See

日付: 2021-01-21

 

香港航空の新しいLai Seeのデザインは、香港で見られるユニークな書道スタイルが特徴です。 

 

香港航空は本日、丑年を迎えるのにあたり、新しいLai See(お年玉袋)を発表しました。Lai Seeのデザインには、香港の独特の文化に貢献してきた伝説的な書道家たち:Yim Chiu Tong氏、Au Yeung Cheong氏、Yeung Kai氏、及びLee Kin Ming氏の卓越した筆の技が表現されています。 

 

これらの「Made in Hong Kong」のLai seeは、それぞれのアーティストの特徴的な芸術性がハイライトされています。また、Lai seeのデザインは、航空と旅行の要素をデザインに融合しており、この1年で多くの人が逃してしまった、空を飛ぶ幸せを思い出させてくれます。 

香港航空のルイ・リー副社長は言う。"香港を拠点とする航空会社として、私たちは常に地域社会や世界中に地元の芸術や文化を広めていきたいと考えています。伝統的なネオン看板は香港独特のもので、旧正月の休暇にお祭り気分を盛り上げるために、これらの才能あるアーティストの作品を紹介できることを嬉しく思います。

 

香港航空のソーシャルメディアをチェックして、限定版のLai Seeを当てましょう。

 


Yim Chiu Tong  

 

“Kui Wong(配管工の王様)」として知られるYim Chiu Tong氏は、香港ではよく知られた配管工です。何十年もの間、自身の配管事業を宣伝するために香港周辺の公共スペースにグラフィティを制作しました。黒や白で書かれた書道の文字は、今では香港の看板フォントとなり、香港独特のストリートグラフィティとなっています。香港航空のLai Seeのデザインは、その独自のグラフティで丑年の万事順調を祈願しています

 

 

 

Au Yeung Cheong

 

Au Yeung Cheong氏は看板画家であり、唐代の王族や学者が使用していた「Zan Script」のマスターとしても知られています。看板のベテランとして、香港の街中で1,500以上の看板やライトボックスで見ることができます。その独自の書道による「旅を愛しています」は、唯一無二の芸術作品であり、香港航空のLai Seeに印刷するために特別にデザインされたものです。 

 

 

 

Yeung Kai

 

BeiweiScript」の書道の達人であり、フォントは自信と力強さを感じさせるダイナミックな筆致でビジネスオーナーから高い支持を得ています。82歳の職人は、自身の書道を香港のユニークな文化遺産として守り続けようと決意しています。香港航空のLai Seeは、スーツケースに筆跡をプリントしており、旅への意欲を思い出させてくれます。

 

 

Lee Kin Ming

 

Lee Kin Ming 氏は3年連続で香港航空とのコラボレーションをしています。父とそのビジネスパートナーである Li Hon氏から5,000以上のカリグラフィー作品を受け継ぎ“Li Hon Kong Kai Font”を築きあげました。Lai Seeの看板に使用されているユニークなフォントで、香港航空を利用する際には良い旅になるようにとの願いが込められています。 

 

高解像度写真のダウンロードbit.ly/3paoI0Q

 

 

香港航空について

 

2006年に設立した香港航空は香港を拠点としているフルサービスを提供している航空会社です。 

現在のネットワークはアジア25都市に加え、インターラインは87及びコードシェアは15航空会社、フェリー会社1社と、多くのパートナーと提携しています。  香港航空世界の航空会社の中でも新しい機材で運航している一社であり、2011年以来Skytrax 4つ星として認定されています。詳細はwww.hongkongairlines.comまたは LinkedIn, Instagram, Facebookをご覧ください。